メガネの事ならメガネ本舗にお任せください。

メガネ本舗

みえる。きこえる。こころ、喜ぶ。

ブルーライト対策/ブルーライトとは

大切な家族の眼を守るために

メガネ本舗のブルーライト対策

ブルーライトとは?

  • 眩しさ、チラツキの原因と
    言われるブルーライト

    ブルーライトは、可視光線の380nmから500nmの紫から青色の短波長光を指します。光の中では紫外線の次に強く、可視光線の中では最もエネルギーが強い光がブルーライトです。 眼への負担が強く、太陽光にも含まれる光であることから、夜間に長時間浴びると、体内時計を狂わせるとも言われています。
  • 日常生活に溢れる
    ブルーライト

    パソコンや携帯電話、テレビはもちろん、ポータブルメディアプレーヤーやスマートフォン、携帯ゲーム機などのモニター画面やLED照明にいたるまで現代社会の生活は明るい光に包まれています。 こうした光の多くは、明るさを強調するためにブルーライトを強く発光させています。
    ルーライト 蛍光灯照明 LED照明

眼精疲労、眼疾患を引き起こしやすい光

短い波長のブルーライトは、大気中の粒子(ホコリや水分)などにぶつかりやすく散乱しやすい光です。この散乱しやすい「青色光」が眩しさやチラツキを与えて像の輪郭を不鮮明にしてしまいます。このチラツキが眼精疲労や眼疾患を引き起こしやすいと言われています。

夜間に浴び続けていると睡眠障害にも

ブルーライトは太陽光に多く含まれており、これを浴びることで体内時計が朝にセットされ活動的に、逆に太陽が沈みブルーライトを浴びなくなることで、体内時計が夜にセットされ眠くなるのが本来の生活リズム。 日常的に昼夜問わずブルーライトを浴びている現代人は、体内時計のリズムが狂いやすい環境にいると言えます。

特に成長期のお子様への影響が心配されています。

成長期の子供の眼は非常にデリケートで、眼を酷使すると視機能の発達に影響する可能性もあります。 大人と比べ薄型テレビやLEDバックライトを使用したゲーム機など、成長期に多くのブルーライトにさらされるお子様の眼は今、かなりの負担を受けており、その影響は未知数。数年後、睡眠障害や視力の低下だけでなく、網膜や水晶体への影響から眼疾患の影響が高いのではないかと推測されています。
店舗を探す