メガネの事ならメガネ本舗にお任せください。

メガネ本舗

みえる。きこえる。こころ、喜ぶ。

眼の疲れ

お仕事でパソコンを使う方、携帯電話やスマートフォン、タブレットを使う方、家で長時間パソコンを使われる方…他にもテレビやゲームなど、今の私たちの生活の中には眼を酷使する場面がとても多くなってきています。

“眼精疲労”とはどんな病気か

眼精疲労とは、眼の使い過ぎなどにより現れる
「疲れ眼」ではなく、病的な疲労のことを言います。

「眼が疲れる」「眼が重い」「眼が痛い」「眼がしょぼしょぼする」「ぼやける」などがいわゆる「疲れ眼」と呼ばれる眼科的な症状です。

「疲れ眼」が重なり、休憩や睡眠によっても改善されず、頑固に続くと「眼精疲労」と呼ばれるものになっていきます。「眼精疲労」になると、頭痛・頭重感・めまい・肩こり・吐き気・関節痛・下痢など、眼だけではなく身体全体に悪影響を及ぼすこともあります。

“眼精疲労”の原因

眼自体の問題

近視・遠視・乱視・老視などの
「屈折異常」による視力低下

視力が悪かったり、メガネやコンタクトレンズが合っていないことにより物が見えづらくなり、眼を凝らしたり姿勢が悪くなることによって眼の疲れや肩・首が凝ったりします。
また、老視は40代以降に進行していきますが、年齢と眼精疲労を訴えられる方の年齢層のピークは一致していると言われ、老視が眼精疲労の大きな原因となっていることが分かっています。

ドライアイ

眼の表面が乾燥する病気で、眼を酷使する人がなりやすく、眼精疲労の原因となります。
パソコンや携帯電話、スマートフォンを使用する時は極端に瞬きが減るため、ドライアイになりやすくなります

緑内障・白内障・眼位異常等の病気によるもの

緑内障・白内障といった病気により、視野障害や視力低下を起こし眼精疲労が起こることがあります。
眼位異常とは、斜視・斜位など両目の視線が一致しなかったり、視線を合わせるための努力を強いられたりすることで、眼精疲労を起こす原因になっています。

身体的・心因的要因

身体的要因としては心疾患・肝機能障害・糖尿病・貧血・妊娠などが考えられ、心因的要因としては神経衰弱・ヒステリーなどが挙げられます。

生活環境

パソコン・スマートフォンのほか、照明や空調などの影響が考えられます。
特に近年は、長時間近くのものを見続けたりする作業や、パソコンの画面などを見続けることによる眼精疲労が最も多いと考えられています。

これらの原因の中でも、眼の酷使や近視・遠視・乱視・老視などの視力低下などの“見え方によるもの”が最も多いと言われており、見る環境(視環境)や視力に合わせた適切な度数のメガネやコンタクトレンズの装用が非常に重要な要素になってきます。

メガネ本舗では、最新の設備と経験豊かなスタッフによる視力測定を無料でさせていただいております。
是非お気軽にご利用ください。

疲れ眼を予防する方法

Zzz...

十分な睡眠を心がけるようにしましょう。最低でも6~7時間以上取った方がいいようです。眼を閉じている時は起きている時と違って眼球が上を向き、筋肉がリラックスしている状態になっていると考えられています。

他にも眼球や眼球の周囲を温めるのも良いようです。温めることにより、血液の流れを良くして筋肉の疲労物質を取り除き筋肉を柔らかくしてくれます。蒸しタオルなどを使用すると良いでしょう。(低温やけどに注意してください)ただし、充血時や炎症を起こしているときは逆効果になりますので注意してください。

冷やすと気持ちいいかもしれませんが、冷やすだけだと血流の悪化により疲労物質が停滞して固まってしまうため逆効果のようです。冷やすならその前に温めてからするのが良いようです。

眼にやさしいパソコンの使い方

長時間同じ姿勢で画面を見続けないように心掛けたり、一時間に一度休憩を取り、遠くをボーっと眺めるのも良いでしょう。
パソコンを見ている時は瞬きが少なくなりますので、意識的に瞬きをして涙の分泌を促すことでドライアイを防ぎ、疲れ眼や眼精疲労予防にもなります。
最近注目されるようになったパソコンやスマートフォンの画面から出るブルーライトへの対策も重要です。可視光線と言われる私たちが見ることのできる光には波長によってさまざまな色に見えます。その中でも青色光はエネルギーが強く散乱しやすいため眩しさを感じやすいと言われています。スマートフォンやパソコンの画面から発せられる光にはその青色光が多く含まれており、疲れ眼の原因の一つとも言われています。それらを効果的に軽減するメガネもあるので、うまく使って疲れ眼を防いでいきましょう。

店舗を探す