メガネの事ならメガネ本舗にお任せください。

メガネ本舗

みえる。きこえる。こころ、喜ぶ。

顔のカタチ

自分の顔に合ったフレームを知る

眉からあごの先端までを縦幅、顔のもっとも張り出しているところを横幅、とします。顔の縦と横の長さの比較で、縦方向が長く感じる顔を「長い顔」、逆に横方向が長く感じる顔を「短い顔」と呼びます。 これに「ふっくら」あるいは「ほっそり」といった肉付きを加え、全体的な顔のタイプを把握します。

長くてふっくらした顔型の方に似合うメガネ

俗に言う「大きな顔」をひきしまったイメージに近づけるために、天地が深く、トップラインが直線的で太め、はっきりとした濃い色のフレームを選ぶのが良いでしょう。 小さなフレームだと顔の大きさを強調しますが、大きすぎるのも逆効果。顔幅いっぱいくらいが理想的なサイズです。また、レンズカラーは寒色系、特にグレー系を選べばひきしまったイメージが得られます。

眉とメガネ

顔の印象を変えないためには、眉の下端とフレームのトップラインが程よく揃い、なおかつ僅かに接するくらいが理想です。 ただし、図のように尻上りの眉の場合にはかえってキツイ印象を与えてしまいますので、眉頭だけ合わせてトップラインが水平に近いものを選ぶという方法もあります。 眉とフレームのトップラインが離れると、間が抜けた感じがしたり老けて見えたりしますので注意が必要です。 眉と目の中間より上にトップラインがくるようにしましょう。

長くてほっそりした顔型の方に似合うメガネ

長さを感じさせず、短く小さなイメージに近づけるために、天地は深め、丸みのあるソフトなライン、ツルが下から出ているフレームを選ぶのが良いでしょう。顎のとがった方の場合、フレームの下のラインに丸みがあるものを選べばキツさが緩和されるでしょう。 レンズカラーは明るいものとの相性が良いようです。

眉とメガネ

鼻の長さとフレームの縦幅を比例させるようにしましょう。 長い鼻には天地の深いフレーム、短い鼻には浅いフレームが基本です。 メガネの下のラインは鼻先から5mm、できれば1cm以上離れるようにしたいものです。 下がり過ぎるとメガネが重苦しく感じられ、また、だらしない印象を与えてしまいます。 小鼻の張った方は、天地が浅く、フレームの下のラインが目立たない、ナイロールと呼ばれるタイプのフレームと相性が良いようです。

短くてふっくらした顔型の方に似合うメガネ

メガネが存在感を出しすぎていわゆる「メガネ顔」にならないように、ソフトなラインで小さく、細め、ふちなし等の目立たないもの、顔色にマッチした色のフレームで、すっきりと掛けこなしましょう。 レンズカラーは無色か淡い色、あまり目立たない方が良いようです。

眉とメガネ

フレームの中の瞳の位置は中心から内側に5mm、上に5mmの範囲に収まるようにします。 目の小さい方や細い方は、フレームも小さくすることにより、相対的に目を大きく感じさせることができます。 両目の間隔の狭い方は小さめのフレームで、両サイドに装飾のあるもの、あるいはグラスコードを使って外側に印象を向けるようにしましょう。逆に広い方は、中央のブリッジと呼ばれる部分にボリュームがあったり、色が違うものでアクセントを加えましょう。

短くてほっそりした顔型の方に似合うメガネ

丸顔のやさしい顔立ちをシャープなイメージに近づけるためには、天地が浅く、直線的なラインを持った、角のあるシャープなフレームが適しています。フレーム選びを間違えると、余計に顔幅を広く感じさせてしまうので注意が必要です。フレームの下のラインの目立たないタイプ特にナイロールと呼ばれるタイプが適しています。 レンズカラーは無色か淡い色、あまり目立たない方が良いようです。

眉とメガネ

上記の3件より重要度は低いですが、口との相性も考えてみましょう。 鼻と同様、口の大きさとメガネの大きさを比例させたほうが良いようです。特に口の小さな方はボリュームのあるフレームを選ぶと顔のバランスが崩れ、いわゆる「メガネ顔」になってしまいます。

店舗を探す