補聴器の種類 補聴器の種類
補聴器の種類
補聴器の種類
補聴器はその形状により大きく分けて次の3つのタイプに分けられます。 お客様の聴こえと使用環境、耳の形などに合わせて選ぶことが大切です。
また補聴器は近年で大きく進化し、小型で目立たないだけでなく多くの機能を搭載しています。
補聴器は単に音を大きくする機器ではなく、高度な技術を使い、様々な聴こえの問題を補う大切なパートナーです。メガネ本舗では各種試聴器をご用意し、店頭で試していただくことができます。お気軽にお申し付けください。
耳あな型(耳の穴に収まるタイプ)
耳あなタイプの補聴器はお客様の耳穴の形に合わせてオーダーメイドで作成します。小型でほとんど見えないCICタイプ、標準的なカナルタイプ、高度難聴対応のフルサイズなど聴力や耳あなの形に合わせてお選びいただけます。
  • 超小型
    超小型
    耳の奥にすっぽり入り、ほとんど外からは見えません。
  • 通常型
    通常型
    幅広い聴力レベルに対応し、操作がしやすいです。

耳かけ型(耳の後ろにかけるタイプ)
耳かけタイプは耳の後ろに掛けて使用します。小型で目立たないものから、大きくて扱いやすいもの、豊富なカラーバリエーションから選べるものなど様々な種類があります。幅広い聴力に対応することができ、お客様の聴力に合った性能やデザインで選んでいただけます。以前は汗に弱い短所がありましたが、現在は汗に強い撥水コーティングが施されています。
  • 外耳道レシーバー型
    外耳道レシーバー型
    小型で非常に軽いため、装用感が良く、目立ちにくいタイプです。
  • 通常型
    耳かけ型
    幅広い聴力レベルに対応し、操作がしやすいです。

充電タイプ
面倒な電池の入れ替えがなく、置くだけで充電ができる簡単操作。
  • リンクス クアトロ
    リンクス クアトロ
    持ち運び充電が可能の専用バッテリーケースで電量不足の心配無し。
    スマホで電池残量も簡単にできる。
    いつでもどこでもその性能を堪能できる充電型補聴器の誕生。
  • Chage&Go Nx
    Chage&Go Nx
    自分の声を記憶し、相手の声と別々に音声処理が可能になる。
    長時間その音声処理機能を維持していくチャージ機能に備えた
    シグニアの充電型補聴器。

ポケット型
  • ポケット型
    リサウンド・ココ
    大きな文字表示でらくらく操作
    分かりやすい大きなボタンと大きな画面で楽に操作が行えます。
    音声を大きくし、雑音を抑えるので会話がよく聞き取れます。

親切・丁寧に「聴こえ」のご相談を承ります
店舗を探す
フランチャイズ店舗の補聴器取り扱いについて
フランチャイズ店舗(九州)は補聴器レンタル及び分割払いは行っておりません。また。取り扱い機種やその他のサービスが異なります。