メガネ・補聴器の事ならメガネ本舗にお任せください。

メガネ本舗

みえる。きこえる。こころ、喜ぶ。

コラム-メガネ・補聴器の豆知識-

メガネや補聴器についての知ってお得な販売店しか知らない情報をお届けいたします。

似合うメガネのチェックポイント

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『似合うメガネのチェックポイント』についてです。

なんとなくでメガネを選んでしまうと、普段の服装に合わない、イメージと変なギャップがあるという失敗が起こりかねません。
メガネ選びの際には、いろんな角度でじっくり鏡を見つめてみるのがいいでしょう。
フィッティング用のメガネは度数が入っていないのがほとんどですので、鏡がぼやけて判断しづらいという方は写真に撮って見てみるのがおすすめです。

購入を考えているメガネフレームが、髪の毛をおろしても、まとめても似合うか。
かっちりとしたジャケットスタイルのときでも、ジャケットを脱いだラフなTシャツスタイルのときでも似合うか。
よく帽子をかぶる方なら、私物の帽子を持参して、試してみると間違いがないでしょう。
仕事のときに使うメガネであるなら、普段の仕事の服装でお店に行くと、普段着で選んでしまった場合のようなギャップがありません。

通いやすい立地のメガネ店であれば、何度か通ってどの服装でも違和感がないか確かめてみるのもいいですね。

『似合うメガネのチェックポイント』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。


サングラスが苦手な方におすすめの紫外線対策レンズ

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『サングラスが苦手な方におすすめの紫外線対策レンズ』についてです。

img_02

暖かくなってくると外出が増える上に、日差しがきつくなってくると、外にでるだけでまぶしく感じますよね。
そういった場合にまぶしさをやわらげてくれるのはサングラスですが、サングラスに抵抗があるという方も少なくないのではないでしょうか。

日本人、特に女性でサングラスがよく似合うというのはなかなか難しいイメージがあります。
とはいえ、紫外線が目に与えるダメージは相当なものがあります。
目への直接的な影響だけではなく、紫外線を視神経がキャッチすることで脳にメラニン色素を作る信号が送られ、肌に日焼け止めを塗っていても肌が黒くなってしまうという研究結果もあります。

似合わないサングラスに抵抗がある方におすすめなのがクリアレンズのUVカットサングラスです。
伊達メガネ感覚でUVカットすることができますよ。
普段からメガネをかけている方はUVコーティングを追加するのがおすすめです。

img_01

『サングラスが苦手な方におすすめの紫外線対策レンズ』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。


度数の強すぎるレンズに注意

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『度数の強すぎるレンズに注意』についてです。

メガネを作るとき、遠くまではっきり見える状態を望む人は少なくありません。
しかし、実際のところ日常生活ではパソコンやスマートフォンの画面といった、近くのものを見る時間の方が多いのではないでしょうか。

161227-103913

数十センチ先のものを見ることが多い生活であれば、度数の強いレンズは必要ありません。
遠くの物を見るために調整した度数では、過矯正のメガネとなります。

必要以上に度数の強いメガネで近くの物を見ようとすると、眼はピントを合わせるために必要以上の労力を使う事になります。
そうすると、眼に余計な疲労が蓄積し、眼精疲労を引き起こしてしまいます。
本来、眼の負担を軽減させるためのメガネが、逆に体の不調の要因となる眼精疲労を引き起こしてしまうのはもったいないことです。

むやみに「遠くまではっきり見える」ことを望まず、メガネを使う生活環境に合わせたメガネをおつくりになることをおすすめ致します。

『度数の強すぎるレンズに注意』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。


ベストなメガネフレーム選び

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『ベストなメガネフレーム選び』についてです。

似合うメガネに出会うために大事なのは、自分の顔に合ったフレームのサイズを知ることです。
顔に合わない小さなフレームですと、長時間かけていると耳の裏が痛くなったり、逆に大きすぎるフレームだと大きな動きで簡単にずれてしまうということが頻繁に起こってきます。

また、大きなフレームのメガネをかけた方が、小顔に見えるという効果があるというイメージがありますが、大きすぎるフレームを選ぶと寄り目顔に見えがちです。
また、メガネが顔全体のバランスに影響するため大きなフレームでは本来の顔よりも顔の幅が大きく感じられることも起こりえます。

レンズの横幅に対して、瞳の位置が真ん中にくるのが自分にベストなフレームのサイズです。

『ベストなメガネフレーム選び』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。


疲れ目からくるドライアイへの対策

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『疲れ目からくるドライアイへの対策』についてです。

パソコンやスマホを長時間使う生活を続けていると、まばたきをする回数は少なくなりがちです。
そうして、知らぬ間にドライアイになってしまっている方も少なくありません。

もし、目が乾き気味だと感じられるようであれば、意識的にまばたきをするほか、加湿器などで部屋の湿度を調節する、温かい食べ物や飲み物の湯気を目にあてるのも効果的です。

また、目薬やサプリメントなどによるケアも有効です。
紫外線ダメージのケア用目薬や目の疲れに効く目薬、ドライアイ用目薬など、自分の疲れ目にあったものを使用することで目を常に疲れている状態から解放することができます。

『疲れ目からくるドライアイへの対策』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。


目のまわりの筋肉のストレッチ

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『目のまわりの筋肉のストレッチ』についてです。

視力にあったメガネをかけていても、長時間目を酷使する作業をしたあとは、どうしても目が疲れてしまうものです。
疲れ目をすぐに解消したいときは、血行をよくするストレッチが効果的です。

立ち上がって肩をまわしたり、首を左右にストレッチするなど肩や首の筋肉を動かしてあげたり、軽く目のくぼみや肩の上部をマッサージすると、筋肉の緊張がほぐれやすくなります。

また、目を酷使した後には意識的にまばたきをすることで目に潤いを与える効果があります。
まぶたにギュッと力を入れ、パッと力を抜くストレッチは、目のまわりの筋肉のストレッチにもなり、涙腺が刺激されて目にうるおいを与える効果があります。

『目のまわりの筋肉のストレッチ』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。


老眼の進行を遅らせるためにできること

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『老眼の進行を遅らせるためにできること』についてです。

老眼は、加齢による筋肉の老化が原因となるため、完全には防ぐことはできません。
しかし、食生活や生活習慣に配慮することで、進行を遅らせたり症状を軽減できる可能性は残されています。

眼の老化予防には、紫外線対策が必要不可欠です。
紫外線対策といえばサングラスですが、実は色の薄いサングラスの方が紫外線の影響を抑えることができます。
色の濃いサングラスの場合は、一見まぶしさが抑えられたような気がするものの、視界が暗くなるためもっと光を見ようと眼の瞳孔が開き気味になってしまい、同じ程度の紫外線カット能力の色が薄いサングラスよりも、実際には紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。

また、快適な生活習慣と目にいい栄養素が多く含まれる緑黄色野菜をきちんと摂取することが大切です。

そして何より重要なのは、度数のあった見えやすく使いやすい老眼鏡を使いこなすことが最も効果があります。
早い段階で遠近両用に切り替えたり、老眼鏡を使い始めることで、眼の負担や疲れも軽減でき、老眼の進行を緩やかにできる可能性も高くなります。

『老眼の進行を遅らせるためにできること』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。


メガネを作る前には眼科の受診がおすすめです

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『メガネを作る前には眼科の受診がおすすめです』についてです。

眼鏡を作る際に、事前に眼科へ行って処方箋をもらってからメガネ店へ行くべきなのか、直接メガネ店に行き、検眼してもらって作っていいのかと悩む人は少なくないようです。

眼科を受診せずにメガネ店で視力測定を行い、メガネを作ることはもちろん可能です。
平日に時間を作って眼科を受診することはお金も時間もかかってしまうので、忙しい方の場合はなかなか難しいことかもしれません。
しかし、目の健康のためには可能であれば事前に眼科を受診しておくことをおすすめいたします。

目は生活をする上でなくてはならないものです。
一度ダメになった視神経は、手術しても元に戻すことはできないため、とにかく早期発見が重要になります。
メガネを作ってとにかくよく見えるようになればいいのかというとそうではないはずです。

視力の低下に他の原因がないか、目に病気がないことを確認してからメガネを作ることで、取り替えのきかない大事な目を守ることにつながります。

『メガネを作る前には眼科の受診がおすすめです』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。


紫外線対策で目の老化をストップ

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『紫外線対策で目の老化をストップ』についてです。

日本人は瞳の色が濃いため、欧米人に比べてまぶしさを感じにくいそうです。
しかし、とくにまぶしく感じてなくても、目は紫外線を浴びているのです。

ただ、紫外線の目からの影響が問題視されるようになったことで、目のUV対策についても充実してきています。
UVカットメガネには、レンズを通る紫外線を吸収したり反射したりする加工がなされています。

またUVカットというと真っ先にサングラスを思い浮かべる方がいると思いますが、レンズの色の濃さとUVカットの効果は実はあまり関係ありません。
UVカット加工がされていれば、透明なレンズのメガネでも紫外線カットの効果があります。

なるべく目にダメージを与えないためにも、早めの対策がおすすめです。

『紫外線対策で目の老化をストップ』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。


メガネの”かけこなし”術

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『メガネの”かけこなし”術』についてです。

171209-161009

どんなフレームでも、メガネをかける上で正しい位置があるのはご存知でしょうか。
「メガネが似合わない」と感じている方は、もしかすると、選んだフレームが映える正しい位置にかけられていないからかもしれません。

上下に幅があるめがねは、黒目が上下フレームのセンターよりも少し上の位置になるようにかけ、上下の幅が狭めのめがねは、黒目が上下フレームのセンターにくるようにかけるのが基本です。

正しい位置より低く下がってしまっている場合は、めがねのフレームと目が重なってしまい、目力が弱まってしまいます。
せっかくのメガネ姿がダサく見えたり、疲れて見えたりしてしまうことも。
上がっていると、正しい位置と比べて、なんとなく間が抜けた印象になり、顔も大きく見える場合が多いです。

IMG_9220

洗練されたメガネ姿のためには、洋服と同じで試着とかけこなしが重要になってきます。
せっかく新しいメガネを買ったけれど思っていたより似合わなかったという場合には、購入店に再度フィッティングを調整してもらうことで解消することもあります。
メガネのフィッティングに不安がある方は是非スタッフにお尋ねください。
お顔のバランスにぴったりのメガネ選びのお手伝いをさせて頂きます!

『メガネの”かけこなし”術』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。


1 / 1112345...10...最後 »
店舗を探す